買取前にキズを修理したら損してしまった!

バイク買取をするときは、キズを修理せずに出したほうがいいですよ。みなさん、ちょっと驚くかもしれませんが自分は経験からそれを学びました。
今回はその根拠について示した自分の体験談紹介しますので、ぜひご覧になってくださいね。

・タンクの小キズを治そうとして失敗!

自分にはバイク買取をした時の苦い経験が一つあります。
それは、新しいバイクを購入したかったので、その資金のために、今持っているバイクを少しでも高く売りたかったのです。だから、買取の前にタンクの小さなキズを治そうとしたら、逆に新しい傷を作ってしまったのです。その結果、買取価格を下げてしまったというものです。あの時は、本当にやっちまったと思いましたね。
自分としては高く売るためにやったことでしたが、自分のミスで結果的にそれがあだになってしまい、買取価格で損をしてしまったのです。
タンクはバイクのシンボルでもありますから、そこにキズがあったらポイントは下がりますよね。
しかも、もともと小さなキズがあったうえにさらに新しい傷を作ってしまったのです。
もう目も当てられないとはこのことですが、この経験は私にとって苦い思い出であると同時に、買取業者にバイクを売る上でいい教訓ともなっています。
この経験後は、同じ失敗を繰り返さないようになりました。
バイクにキズがあっても、自分で治さずそのままバイク業者に売るようにしたからです。

・バイク業者は安いコストでキズを修理できる

後になってから知ったのですが、バイクの売り手が自分でキズを修理するときにかかる費用と、バイク業者が修理するのにかかる費用は、圧倒的な差でバイク業者の費用のほうが安いそうです。
ということは、バイクに少々のキズがあっても、自分で治さずそのまま売ったほうがいいということです。
なぜなら、お金をかけてキズを治しても、そのことによって査定ポイントが大幅に上がるわけではないからです。小さな傷なら治しても治さなくても全く変わらないことすらあります。
特に自社整備工場を持っている業者に売る場合は、安いコストで修理ができますから、そういう業者に売るときはなおさらキズを修理せずに売ったほうがいいわけですね。
それよりも、自分の経験から分かるとおり、下手にバイクをいじって新しい傷を作ってしまうほうが恐いです。
そんなことをしたら、買取査定は減点確実なのです・・。
傷より重要なのは、バイクが動くこととメンテナンスがしっかりされていることです、